BACK ZOOM UP FIRST PREV NEXT LAST

画像一覧

BACK
墨蹟 大燈国師遺誡
ぼくせき だいとうこくし ゆいかい
作者春浦宗煕 筆
員数1幅
形状・品質掛幅・紙本墨書
法量(cm)縦 26.2 横 39.5
制作年室町時代(15世紀)
所蔵禅文化研究所・聴松堂文庫
管理番号聴松堂064
釈文 大燈國師法語
老僧行脚後或寺門繁興佛閣經卷
鏤金銀多衆閙熱或誦経諷呪長坐
不臥一食卯斎六時行道直饒雖恁麼去
以佛祖不傳妙道不掛在胸間則撥無因果
眞風墜地併是邪魔種族也老僧去世
久矣不許称兒孫或有一人綿蕝野外一把
茅底折脚鐺下煮野菜根喫過日専一
究明己事者与老僧日々相見報恩底
人也誰敢輕忽哉勉旃々々
  宗峯叟妙超書于看雲亭下
  建武二年十一月日
      「春浦」(朱文鼎印)「宗煕」(朱文方印)
展覧会出品履歴展覧会タイトル : 「不立文字 : 禅の書画と典籍・六〇〇年」
会期・会場 : 2014年(平成26)4月2日-6月7日・京都, 花園大学歴史博物館
主催 : 花園大学歴史博物館, 公益財団法人禅文化研究所
展覧会タイトル : 「禪の書画 : 禅文化研究所蔵 高僧遺墨名品展」
会期・会場 : 2022年(令和4)4月4日-5月14日・京都, 花園大学歴史博物館
主催 : 花園大学歴史博物館, 公益財団法人禅文化研究所
分類書跡
墨蹟