BACK ZOOM UP FIRST PREV NEXT LAST

画像一覧

BACK
墨蹟 「南泉遷化何処去」
ぼくせき なんせんせんげしていずれのところにかさる
作者義堂昌磌 筆
員数1幅
形状・品質掛幅・紙本墨書
法量(cm)縦 126.7 横 27.7
制作年江戸時代~明治(19世紀)
所蔵禅文化研究所 ・聴松堂文庫
管理番号聴松堂030
釈文「心包太虛量周沙界」(白文長方印)
南泉迁化何處去
  峨山義堂 「義堂之印」(白文方印)
分類書跡
墨蹟